虚言症//夜涼蛍火 頼りに綴った秘めた恋心、、
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/26 (Sat) ナイトメアの咲人が声優に初挑戦!
ナイトメアの最新シングル「DIRTY」がオープニング・テーマとしてオンエア中の日本テレビ系アニメ『魔人探偵脳噛ネウロ』。その1月29日放送分で、ギターの咲人が声優として出演することがわかった。声優初挑戦となる彼が演じる役柄は明かされておらず、観てからのお楽しみだ。

ナイトメアは、3月からZeppツアー<six point killer show>を行なう。
スポンサーサイト

2008/01/20 (Sun) kannivalism Member Message
まず最初に今回のツアースケジュールのキャンセルを、
待っていたみんなに心からお詫びします。
楽しみにしてくれていたみんな、本当にごめんなさい。

俺達kannivalismは怜、圭、裕地という三人の『人生の足跡』を
バンドという形を通して伝える為に生まれた。
三つの個性を持った人間が一つになることがkannivalismに
とって一番大切な事であり、それはこれから先もずっと変わらない。

だからこそ今は必死に戦っています。

kannivalismという人生を預けた場所に、皆の前でまた唄うために
戦っています。
僕達は最初から最後まで三人で共に戦うことを決めたんだ。


今の僕達に必要なものは時間です。

嘘をつかず皆の前に立つ為にも、充電する時間が欲しいというのが
俺達3人の願い。
また会える日が来るまで・・・。

今までの活動を通じて、kannivalismを凄く大切に思っていてくれて
いる人達が沢山いることを俺達は強く信じてる。
我侭だとは思いますが少しだけ時間を下さい。


僕達は『これまで』も『今』も『これから』もひとつだから。

kannivalism
怜 圭 裕地

2008/01/19 (Sat) Viored 解散発表
「ファンの皆様へ」 
いつも応援していただき、本当にありがとうございます。この度、バイオレットから皆様に大切なお知らせがあります。

バイオレットは、2008年2月をもって解散する事となりました。

解散理由として、Vo.螢より昨年11月に「一身上の都合によりバイオレットを脱退したい」との意向を受けメンバー、スタッフでの話し合いを重ねましたが、昨年末に螢との連絡がとれない状況となってしまいました。

結果、「螢、優一、Nagi、seiya、洸の5人でバイオレット」という形での活動ができなくなるのであれば、バイオレットとしての意味がないという理由で「解散」という結論に至りました。

バイオレット最終公演として2008年2月23日(土)高田馬場AREAにて現メンバー(優一、Nagi、seiya、洸)でのワンマンライブを行います。

短い活動期間でしたが、応援を頂きましたファンの皆様、関係者の皆様にメンバー、スタッフ共に感謝を申し上げます。残り少ない時間ですが、最後までバイオレットの応援、ご指導の程よろしくお願い致します。

バイオレット
優一
Nagi
seiya


株式会社タイムリーレコード


--------------------------------------------------------------------------------

バイオレット最終公演 [Chaos]
2008年2月23日(土)高田馬場AREA 
Open/18:00 Start/18:30
Adv/¥2,500 Day/¥3,000 D代別/¥500

プレイガイド
一般発売:1月20日(日)~
ローソンチケット:Lコード (71593)
ライカエジソン東京店

※1月31日 渋谷-O-WEST、2月20日 名古屋E.L.L公演に関しましては、キャンセルとさせて頂きます。すでに購入済のチケットに関しましては各イベント詳細が異なりますので、随時対応させて頂きます。ご了承下さい。ファンの皆様、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけして申し訳有りません。


--------------------------------------------------------------------------------

優一コメント

まず昨年の末、4人でのLiveで螢の体調不良と伝えたけれど、公式発表同様連絡がとれず曖昧な発表にお詫びします。五人での最後のLiveが2007,12/24のLiveになるとは思っていなかったから正直悲しい気持ちと煮え切らない気持ちでいっぱいです!

その気持ち以上にファンの皆には不安な気持ちや迷惑かけてごめんな!

色々考え4人で話し合った末、約一年三ヶ月という短い期間での解散という形になったけど、応援してきてくれたファンの子の為、バイオレットとしてのけじめの為に、4人という形で正直何が出来るか…どこまで出来るかわからないけど、2/23の解散Liveをもって幕をしめたいと思う!

まだ俺自身気持ちの整理が出来てないけど、2/23に向けて整理していきたいと思う!

ホントにこの約一年三ヶ月の間バイオレットとしてはもちろん、ギタリストとして新たに歩んだ道を、応援してくれたファンの子にはホントに感謝してます!

Thank you


--------------------------------------------------------------------------------

seiyaコメント

待たすだけ待たせた結果、こんな報告をみんなにしなきゃならない事、本当に申し訳ないと思う。正直俺自身も悔しくて悔しくて仕方ないです。納得のいかない現実を受け入れ、決断するまでに少し時間がかかったけど、前向きに挑もうとするメンバーや事務所の方に勇気づけられ、ようやく俺も今、前向きになれそうです。

今まで俺らとみんなで必死に作り上げてきた「バイオレット」が、最後まで最高のバンドでいられる事、それが今の俺の最大の願いです。

ラストライブ、俺ららしく最高に熱いライブにしよう。俺らとみんなならそれができると信じています。


--------------------------------------------------------------------------------

洸コメント

先ず、前回のライブから現在に至るまで現状の報告等何もなく突然のボーカル螢脱退及びバイオレット解散の発表という形になってしまい、関係者各位、そして何よりファンの皆様に多大なるご心配、ご迷惑をおかけしました事を深くお詫び申し上げます。

心配はかけたくなかったんだけど、先がどうなるかはっきりわからない状態で無責任な事も言えませんでした。

決まっていたイベントライブに関してもメンバー4人でたくさん話し合ったけど、現状とても満足なステージをお見せできる状態ではなく、最終的に自粛させていただく運びになりました。楽しみにしてくれてたみんな、それを裏切る形になってしまって本当にごめんなさい。

特に名古屋など地方はそれほど頻繁に行ける訳でもないから申し訳ない気持ちでいっぱいだし、ライブをすることができないのがとても残念です。

螢の脱退の理由自体は決して納得がいかないものでもありませんでしたが、そこに至るまでの経緯、結果に関しては個人的には正直理解しかねるというのが素直な感想です。

バイオレットは2月23日の高田馬場AREAワンマンを最後に解散します。今まで応援してくれた全ての方々に対するお詫び、そして何より感謝の意を込めて自分自身のけじめとすべく全力全身で臨みます。


--------------------------------------------------------------------------------

Nagiコメント

まず、突然こんな形でVioredが終わる事についてファンの子達や応援してくれてる人達に謝りたい。ごめんなさい。正直、自分も納得いってない部分が多くて気持ちの整理もたたない日が続いてるけど色々話し合った結果このような形になりました。螢について、個人的には言いたい事もあるがここでのコメントは控えさせてもらう。ただ、螢の事好きでいてくれてるファンや、Vioredを好きな人達にこのままでいいのか?と言いたい。

人それぞれ意見も違うだろうし、納得いかない人もいるだろうけど、どうか受け止めてほしい。

一年ちょっとだったけど応援してくれたみんなありがとう。残された時間はギタリストって事を噛み締めながらステージに立つよ。当たり前の事が当たり前じゃなくなる恐さはあるけど精一杯楽しもうと思う。わがままかもしれないけど応援してほしい。

それじゃ、またライブで会おう

2008/01/17 (Thu) SIGNAL
SIGNAL (「銀魂」ED)
作詞:兒嶋亮介
作曲:KELUN
歌:KELUN

ああ 何度でも叫ぶよ
君の名前を 届くまで
心の針を回せ

流れてく街で おいてけぼりの心
勇気のカケラを いつの間に失くしてた
僕ら出会うときまで

一人では 枯れてしまうなら

ああ 何度でも叫ぶよ
君の名前を 届くまで
心の針を回せ

晴れわたる空は 澄んだ心の色と
君は泣いている ような笑顔でそっと
照れたように言うけど

君こそが 心そのもの

ああ 何度でも 唄もよ
君を 心を守る唄を
さあ今ここへおいで

ふいに寂しさが 襲う時には
忘れないで欲しい このメロディーが
君の側で鳴り響いていること

ああ 何度でも 送るよ
今を 生きているツグナルを
この命果てるまで

さあ 何度でも 転んだって行くよ
もがいてたあの頃の
心の鐘を鳴らせ

2008/01/15 (Tue) Days
Days (「ヒカルの碁」ED)
作詞:原一博
作曲:shela
歌:shela

明日を夢見て 輝いてた日々

つらい想い出とか いくつあったのかな
どんな楽しい日を これからは
大切にしていくのかな

近くの公園で集まったね いつも
夜中まで大きな声出して笑ってたね
ずっと ずっと

同じ時代(とき)を今
生きてる奇跡が すごくうれしいからね
次あう日もきっと
ねぇ一緒に笑っていようよ

久しぶりに古いアルバムひらいたよ
少しやせたのかな  ちょっとずつ
大人にねぇ なってきたかな

やけた肌を見せて 歩いてたあの頃
スニーカーふみながら
走ってたね 君と
いつも いつも

明日を夢見て 輝いてた日々
忘れてないよ 今も
出会えた事 全てが
偶然じゃない気がするよ

これから先も ねぇ
新しい想い出 沢山つくりたいね
今度はどんな夢を
一緒に語りあうのかな

同じ時代(とき)を今
生きてる奇跡が すごくうれしいからね
次あう日もきっと
ねぇ一緒に笑っていようよ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。